TTMAヒーラーズヴィレッジ   TTMA(NPO法人日本トラディショナルタイマッサージ協会)

 
TTMAヒーラーズヴィレッジ ヒーラーになろう トレーニング レビュー アクセス お問い合わせ
TTMAヒーラーズヴィレッジ ヒーラーになろう トレーニング レビュー アクセス お問い合わせ
 
ヒーラーになろう
 
 
 

この20年間で世界は変わりました。世界の人口は爆発的に増加し、気候変動が恐ろしいほど急激に現実となり、LGBTが国家から認められるようになりました。インターネットは、あらゆる面で私たちの生活を変えてしまいました。情報に国境がなくなり、瞬時にアフリカの奥地にまであっという間に情報が流れるようになりました。ソーシャルメディアが世界の覇権を握り、弱者が高々と声を上げ、世界が繋がり始めました。スローライフ、スローフードのカルチャーが注目され、オーガニックな原点回帰のライフスタイルも注目されています。大量消費時代が幕を閉じ、リサイクルショップを利用し、「BtoC」から「CtoC」へとマーケットが移行しています。ミニマリズムは若い世代に広がりを見せ、車、家、オフィスといった資産までシェアする人が増えはじめています。シェアリングが台頭したことでプライベートな生活領域にまで商業化が進み、なんでもかんでも金に変えてしまおうという動きも加速しています。人間関係自体が商業になってしまうことで、世界中がますますドライな社会へと突き進んでいます。世界はどんどん変わっていきます。そこから日本が逃れる術はありません。自分とは異なる価値観がどんどん入り込んできます。食べるものも違えば、あがめる神も違います。世界中どこの国でもその大半の連中がお金に目をくらませています。世界の均衡も、国家も、企業も経済を中心に回っています。病んでる人が増え続け、命を絶つ人もたくさんいます。古い価値観のままでは生きていくことさえもままならない時代です。WHOによると、40秒に1人が世界のどこかで自らの命を絶っているといいます。

スピリチュアルやヒーリングがオカルトだった時代は終わり、脳科学や量子物理学の研究で、意識エネルギーが存在していることが証明されました。瞑想や祈りなどの意識エネルギーは人間のココロやカラダ、さらには地球の磁場にまで影響を与えていることが証明されました。人のために祈ること。つまり、他者を思う気持ちを持っただけで、脳内ホルモン「オキシトシン」が分泌され、自分自身の病気を治してくれることもわかっています。ヒーラーが手から放つヒーリングのエネルギーの正体は13000ガウスの磁気であって、これは免疫を向上させるレベルの磁気であることもわかっています。アメリカのハーバード大学では50年前から「祈り」に対する科学的な研究が行われてきました。実験では、ヒーリングは何十キロ離れた場所からでも脳波に影響を与え治癒効果を発揮することがわかっています。欧米の医学界では、ヒーリングは、ガン、糖尿病、心臓病、不眠症などさまざまな病気に効果的であると認められています。すでに欧米ではヒーリングは保険適応の医療として認められています。日本でも昔から「虫の知らせ」と言われてきましたが、誰かのことを思っただけで意識は時空を超えてつながるものなのです。意識の力は、もはや宗教界の特権ではなくなりました。意識の力は、私たちが思っている以上に絶大なものです。時代はどんどん変わり続けています。これから意識エネルギーの活用はもっと解明されて私たちの日常に根付いていくことになるでしょう。

 
 
 
 

私たちは、たくさんの人に癒しを提供することを目的に活動しています。優れたヒーラーを育成することは、新しい時代の先駆者を作ることと同じことです。ここは、真のヒーラーを目指す方にとって大切な訓練の場です。人のために祈ることで、人を元気にすることができます。人のために祈ることで、意識エネルギーが現実世界に影響を与えます。人のための祈ることで幸せホルモン「オキシトシン」が脳内に分泌されます。このホルモンのおかげで自分自身の免疫力を活性化させ身体を健康に保つことができます。利他の精神を持つことは、自分が健康になること。自分が幸せを感じることと同じだったのです。

 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

人間の身体の約60%~70%は水分でできています。この体内の水分は約2週間で入れ替わります。水は、身体の中で何をしているのかご存知でしょうか?まず水は血液になり、血管の中を駆け巡ります。腸が吸収した栄養や肺が吸い込んだ酸素は、この血液に溶けて体の隅々まで送られます。送られた先で栄養や酸素は血管の外に出て、体液(組織液)を経て細胞に届きます。逆に細胞の中で生じた老廃物などは、体液から血液やリンパ液へと回収されます。細胞が生きられるのは、すべての細胞が水に浸り、体中を水が巡っているためです。体から出ていく水にも役割があり、尿と便は老廃物と一緒に排出されます。一方、汗と息は過剰な「熱」を捨てて体温上昇を抑え、身体を維持しています。

量子力学の領域の話ですが、地球上の物質は、すべて振動しています。宇宙にある全てのものには周波数があります。簡単に言えば、音です。音には周波数があります。空気を振動させて音を出しているので、振動数ともいいます。目に見えない速度で動いていますが、この振動が波動です。「宇宙は音楽である」という有名な言葉があるように宇宙にある万物はすべて、音楽のように周波数を持っています。 もちろん、人間が聞こえる周波数を超えていますので、人間には音として耳でキャッチすることはできません。地球自体にも波動がありますし、地球上の物質は全て固有の振動数を持っていりわけですが、その中でも水は、この地球上において一番振動を保持できる物質です。つまり、水は情報を記憶することができる物質です。

波動研究の先駆者の1人でMRA総合研究所所長の江本勝さんが水の結晶で、その水の状態がわかるという研究を行っています。水の結晶も本来は雪の結晶のように美しい色彩のきれいな六角形をしているものですが、社会が混乱している時の水は、本来の形状をなしていないそうです。阪神淡路大震災の時の結晶の形には、その違いが表れているそうです。都会の水道水の結晶が醜く歪んでいるのは、化学物質のせいだけではなく、時代のストレスや悩みや怨念に満ちた情報が多いからとも考えられます。

病気の原因はカラダだけでなく、ココロに根本原因があるものです。水によってあなたの波動を変化させることはできます。水の波動振動は感情や潜在意識に大きな影響を与えます。波動医療の分野では波動測定器【磁気共鳴分析器・MRA (Magnetic Resonance Analyzer)】を使用しますが、カラダから発する超微弱な波動を測定し、ココロとカラダの情報が詰まった波動水を作ることができます。その波動水を飲むことで、潜在意識に持っていた課題に自分で気付き、それにより意識の変化が起き始めると私たちは考えています。身体の不調な部分が改善されてきたり、心の中に抱えていた恐怖心が和らいできたのを感じることができるかもしれません。

 
 
 
 
 
 

毎日の生活の中で、嫉妬で心が揺れたり、欲望が満たされないことに苦しんだり、失恋や仕事の失敗などでショックを受けたりすることは誰にでもあります。そうして心に迷いや悩みがあると、気持ちが沈んで毎日が重苦しくなりますし、眠れなくなることだってあります。自分探しや就職・転職、引きこもり、登校拒否、自殺願望、うつ病、離婚など、人生におけるさまざまな悩みや問題を抱える方には、“ヒーラー修行”をおススメします。ヒーラーとしての学びを重ねることで、同じような苦しい出来事に直面しても、他の人よりも軽やかに乗り越えていけるようになるものです。

TTMAヒーラーズヴィレッジでは、日の出と日の入りに「慈悲の瞑想」を行います。食事は太陽が出ている日中の時間でとります。日常的に夜間断食も行います。起床してから3時間は食べ物(固形物)を口にしてはなりません。日が沈んでからは、一切の固形物は口にしません。ただし、水やジュース、スープ、アルコールなどに関する制限は何もありません。もちろん、波動水も大量に摂取します。日中は、学びの時間として、瞑想・講和・奉仕活動を行います。ひたすらに相手の立場でものを考えたり、もっと大きな見えない存在の考えを理解するように努めます。奉仕活動や農作業も行いますが、悩み苦しむ人々に救いの手を差し伸べる救急病院や駆け込み寺的な役割を担うこともありますが、報酬を期待することなく、ただひたすらに相手に尽くし愛を捧げることを学びとします。労働の対価として報酬を受け取る一般労働者とは全く異なります。ヒーラーは「心の医者」であり、自他の境目がなく愛を提供することができなくてはなりません。この学びをすることが、特殊と思われるような能力を開花することとイコールなのです。一日の終わりには、一人で静かな時間をとって、自分で決めた目標が守れたか、他人への嫉妬心や欲望などヒーラーとして恥ずかしいような邪念が浮かばなかったかなどを反省し、瞑想で雑念を取り払うこともします。その上で、「もっと理想に近づけるように」「もっと多くの人の幸福に貢献できるように」という祈りを捧げます。月の満ち欠けに応じてのイベントも行います。新月の日にはシンギングボウルを使った瞑想会。満月の日には夜遅くまでパーティが行われます。これらの日には食事の制限等は一切なく、集まったメンバーで互いの健康と幸せを喜びあいます。

この世は無常の世界。どんなにお金や財産、地位、名誉に恵まれても、それらは続きません。はかなく崩れ去ります。たとえしばらく続いたとしても、老いて、病にかかり、最後は必ず死んで行かなければなりません。そんな続かない幸せに執着する、この世の迷いを離れ、苦しみから離れるために、ここでの暮らしは多くの学びが得られます。共通の目的に向かって集団生活をすることで、一人ではあきらめてしまったり、途中で心が折れてやめてしまうような修行でも、みんなで励まし合うことで実践できるものです。

ヒーラー修行は半日からの短期修行も可能です。一泊ニ日の泊まり込みヒーラー修行もあります。短期であれば、お仕事をお持ちの一般の方でも参加できますので、ぜひ体験してみてください。ここでヒーラー修行生活をしなくても、メンバーになることも可能です。日常生活を続けながら、時間を見つけてココに通いながら修行を開始することもできます。ココでヒーラーとしての修行生活を本格的に開始することもできます。現在の生活スタイルに合わせて、さまざまなスタイルでヒーラーとしての学びをスタートすることができますので、お気軽にご相談ください。

私たちは、完全に俗世を遮断して、人里離れた所で生活や修行をすることを必ずしもおススメしていません。なぜなら、日常生活もまた学びの場であり、ここで学んだ智慧を活かす場が日常でなくてはならないからです。ここでの体験が、日常を違った視点で見つめるきっかけにもなりますし、そうすることで、それまで感じることのなかった日常の中に光を見出すことができるようになります。ヒーラーにとって、日常は学びの場です。社会の中に身を置きながら修行することで、悩み苦しんでいる一人ひとりに救いの手を差し伸べ、社会問題を自分のことのように考え、広い視野をもって解決に導くためにできることを探し行動することで、より良い世の中を実現していくことにつながると考えています。

 

 

まずはヒーラーとして自分自身を癒すことからスタートです。ありのままの自分を無条件に愛することから始めましょう。癒しを提供するということは、表面上のテクニックを学ぶことではありません。ですから、数日間の講習やカリキュラムの決まったスクールでは学べません。世の中を客観的に理解したり、さまざまな方向から物事を見る視点を養ったり、囚われている自分自身の考え方に気づくなどしながら、ヒーラーとしての資質を育ててゆく必要があります。自分自身やご家族など、身近な方のココロとカラダのケアをしていきたい方も、メンバーになってください。ヒーラーとして本格的に極めるなら、他人の痛みがわかる人でなければなりません。過去の辛い経験を通して、それをばねにして明るく元気に幸せを感じられるようになった人こそが真のヒーラーとして求められる人です。

「ぜひ!」と思われる方は、TTMAヒーラーズヴィレッジのメンバーとしての登録をお願いします。メンバーは、定期的にここを訪問して愛と感謝の気持ちを持ってヒーラーとして修行をする人です。メンバーは、この施設に滞在して施設を守りながら、本格的にヒーラーとしての学びを得ることもできます。そして、私たちと一緒に困っている人の助けになるような活動をしましょう。悩み相談にのってあげたり、祈ったり、ヒーリングを行ったりしてあげてください。誰かを救うことは、自分を救うことと同じことなのですから。

◆メンバーになるには面接があります。
霊能力やヒーリング能力を身につけたいという願望の根底には、他人にはないものを手に入れて自慢したい、偉い人間と思われたい、人気者になりたい、金儲けをしたいといった不純な動機が潜んでいることがあります。心のの奥には、低俗な物欲・虚栄心・名声欲・自己顕示欲が深く根を張っています。こういった方は、無理をしてヒーラーになる必要性などありません。自己中心的な欲望を満たすためにヒーラーを目指すことは、危険なことです。醜い利己心から欲望を追求するようなら、それは自分の魂を汚すことにつながります。

また、個人の宗教的な信仰については、一切関知していません。仏教、キリスト教、イスラム教などの信者の方もメンバーとして活動できます。祈りや思いなどのエネルギーの世界は、今まで宗教界の特権のように扱われてきましたが、脳科学の研究が進むにつれ、どんな人であっても、その特殊と思われる能力は学んで実践すれば手に入れられるものだからです。

「ヒーラーになって他者に癒しを与えても決して金銭を求めるな!」とは言いません。全てを無償にすることが、自分にとっても、その相手にとっても学びにならないからです。それ相当の金銭を頂かないことで、こちらにはしてやった感が残るものです。それもまた利己的な欲望につながってしまうから難しいのです。いただいた金銭は感謝のエネルギーであり、自分を愛することは、すなわち他者を愛することであるという学びが必要なのです。寄付を募っても、NPOでも、税金や他の人が稼いでくださったお金で回っています。お金を別のルートでもらっているというだけで、お金はもらっているということです。ですから、ヒーラーとしてビジネスを展開することはタブーではありません。「自己愛」=「利他愛」の精神を忘れずに邁進できるかどうかは、自分自身にかかっています。以上のような理由から、メンバーになるための面接を用意しております。

 
  Very Very Sorry!
Member registration required
× × × × ×
TTMAヒーラーズヴィレッジは
メンバーのための施設です。
なるべく多くの方に開放したい
とは考えておりますが、
場所の波動が乱れないように
入場を制限させていただいております。

メンバー以外の方はまず
お問い合わせください。
 
 
 
TTMAヒーラーズヴィレッジ
〒248-0023 神奈川県鎌倉市極楽寺3-13-25
メール:info@ttma.or.jp
Copyright(C) TTMA 2018-2028